仙洞御所の紹介5 石橋から八つ橋まで

 

昨日の続きです。

今日は石橋からです。

 

石橋から撮影した紅葉写真です。

 

パンフレットにあった地図から引用しています。赤い矢印に沿って参観しています。

 

参観者休所にあった地図です。

 

石橋を渡って少し歩いたところから、振り返り石橋を撮影しました。

 

さらに歩いた⑥の上あたりから石橋を撮影しました。

 

⑦辺りから④方向を撮影しました。

 

 

⑦から撮影した紅葉橋です。

 

紅葉橋の上から撮影した掘割です。

 

北池と南池を繋ぐ運河で、船が通れます。

北池は女院御所の庭の池で、南池は仙洞

御所(院の御所)の庭の池です。別々に造

られた2つの庭園が、後の掘割により繋が

りました。

 

さらに歩くと

⑩の八つ橋が見えます。

 

⑧の辺りから撮影した八つ橋です。

 

パンフレットにあった地図から引用しています。赤い矢印に沿って参観しています。

 

八つ橋です。

 

⑧と⑨の中間地点で、左端の紅葉橋を撮影しました。

正面中央の対岸には雄滝が見えます。

 

右端に落差180cmで巾80cmほどの雄滝と、

その手前に草子洗いの石があります。草子洗

いの石は小野小町が大伴黒主の盗作和歌を

料紙を洗って見破ったとする故事に由来します。

 

 

 

⑨から撮影しました。

左端に八つ橋があり、右側に州浜があります。

この粒のそろった石は、11万1千個ほどあり、

光格上皇の時に小田原城主大久保忠真が献

上したそうです。石1個を米一升と取り替えて

集めました。

 

⑨から撮影しました。八つ橋です。

八つ橋は全面に藤棚を懸け渡した石橋で、

藤は西半分が下がり藤で、東半分が上がり

藤です。もともとは木造の橋でしたが、明治

28年に石橋に改修されました。

 

八つ橋の上から撮影しました。左に紅葉橋と掘割があり、

右に雄滝と、その手前に草子洗いの石があります。

 

八つ橋から撮影した紅葉橋と掘割です。

 

八つ橋の上から撮影した州浜です。

 

今日は此処までです。続きは明日UPします。

 

読者募集中ですので、読者登録はここのリンクです。
希望があれば、相互登録します。相互アメンバーも募集中です。
どちらもチェックを外して「読者とわかるように」に設定して登録してください。
読者のブログ村・ブログランキングを出来るだけ押しに行きます。

 

Ctrlキーを押したままで、ポチしたら画面が飛ばされません。
 
お手数ですが、よろしく。下矢印ダウンぽちっと下矢印ダウン押すだけ
                                              にほんブログ村 歴史ブログへ

 

                                               ブログランキング・にほんブログ村へ

 

                                               にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

 

                                               にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

                                               
                  お願いします。

 

Top