〔素堂余波〕  杉風(さんぷう)画、素堂賛

イメージ 1


〔素堂余波〕  


 


杉風(さんぷう)画、素堂賛


 


 『日本随筆大森』 『一話一言』大田南畝著。巻の三十二


 


杉風の子孫 深川四軒寺町鯉屋所蔵書画


 深川四軒寺町に鯉屋といふ煙草屋あり。杉風の子孫なり。


芭蕉翁其外俳諧師の書等多く所蔵也。


   


   主軸 紙地 杉風画素堂賛


 


寒くとも三日月見よと落葉かな     素堂


 


横幅


別紙に申し渡し候其以後堅圍之番所に承及候、江戸表変地先々驚候事共に御座候、此度萬句廻状所々へ出申候所、別布而貴翁御事御取持奉頼候、此筋丈草出未浪地上■在打つヾき御果候而、今は殊更心細き折節何事も先輩失候てちからなき心地仕候、此度萬句巻頭に深川連衆にて出し申度願望に御座候、尤も先師(芭蕉)舊住之地と申貴翁先達之よしみ旁々難黙奉願度存候、此旨猶萬千公へもなげき遺候。


 此序の事は此方に御入候間素堂へ頼候へば、書て可給候旨に御座候、返萬部ひとつ御発句にて御上候 以上
   三月十八日         支考
    杉風様
■-不明


Top