元禄辛酉之初冬九月素堂菊園之遊

 

 

元禄辛酉之初冬九月素堂菊園之遊

 

重陽の宴を神無月のけふにまうけ侍る事は、その比は花いまだめ

ぐみもやらず、菊花ひらく時即重陽といへるこゝろにより、かつ

は展重陽のためしなきにしもあらねば、なを秋菊を詠じて人々を

すゝめられける事になりぬ

 

菊の香や庭に切たる履の底      芭蕉

柚の色や起あがりたる菊の露     其角

菊の気味ふかき境や藪の中      桃隣

八専の雨やあつまる菊の露      沾圃

何魚のかざしに置ん菊の枝      曾良

菊畠客も圓座をにじりけり      馬見

 

柴栞の陰士、無絃の琴を翫しをおもふに、菊も輪の大ならん事を

むさぼり、造化もうばふに及ばじ。今その菊をまなびて、をのづ

からなるを愛すといへ共、家に菊ありて琴なし。かけたるにあら

ずやとて、人見竹洞老人、素琴を送られしより、是を朝にして、

あるは聲なきに聴き、あるは風にしらべあはせて、自ほこりぬ

うるしせぬ琴や作らぬ菊の友     素堂

イメージ 1


Top