門脇麦 キスで殺すダークなヒロインに

 女優の門脇麦が

2018年1月からスタートする日本テレビ系連続ドラマ

『トドメの接吻』(毎週日曜 後10:30)に出演することがわかった。

門脇が演じるのはナンバーワンホスト・堂島旺太郎(山崎賢人)を

“キスで殺す”という異色なヒロイン。

「久しぶりの山崎さんとの共演、

他のキャストの方々も素敵な方ばかりだし、

監督はじめスタッフの皆さまの作品への士気の高さ、

今からわくわくが止まりません」とクランクインを心待ちにしている。

(オリコン)

【別カット】門脇麦のキスの相手が次なるキャストのヒントに

 オリジナル脚本で送る同ドラマの主人公・旺太郎は

表では気配り上手で優しいイケメンだが金と権力を愛するクズホスト。

ある日、旺太郎は突然目の前に現れた謎の女(門脇)に

“接吻”を送られて死亡。

目が覚めるとそこは7日前の世界で、

彼はタイムリープして同じ時間を繰り返していた…。

謎の女は素性も名前も不明で

クリスマスイブの夜に、サンタクロースの格好をして現れる彼女…

巷では

「嫉妬に狂った女が自分の唇に毒を塗ってキスで殺した」という事件が勃発するなか、

逃げる旺太郎をどこまでも追いかけてくる。

 「今回はオリジナルストーリーなので私も先の展開が見えないですし、

視聴者の皆さまと一緒にドキドキしながら撮影を楽しみたいと思います。

素敵な作品を届けられるよう精一杯頑張ります」とやる気をみせた門脇。

鈴木亜希乃プロデューサーは

「ただかわいいだけじゃない、ミステリアスで、恐ろしさも表現できる…

そんな女性は滅多にいません。

それがまさに、門脇さんです。

まだ誰も見たことがない新たなヒロイン像を作り上げてくださることを、

今から心より楽しみにしています」と期待を寄せている。

 また、旺太郎の人生のライバルで

彼が狙う社長令嬢の兄・並樹尊氏(なみき・たかうじ)は16日、

日本企業トップのホテル王・並樹グループの令嬢で

旺太郎が次のターゲットに定めた並樹美尊(なみき・みこと)は23日、

大手クルーズ会社の御曹司で

美尊に恋するお坊ちゃま・長谷部寛之(はせべ・ひろゆき)は30日と

順次、キャストが発表されていく。

Top