仙洞御所の紹介3 御常御殿から又新亭(ゆうしんてい)まで

昨日の続きです。

昨日は大宮御所御車寄せまででした。

御宮御所とは皇太后の御所で、幕末1854年の大火で京都御所と

ともに、大宮御所と仙洞御所も焼失します。火災の原因は鴨川でや

っていた花火と言います。檜皮葺の屋根は火が付き易いのも原因

でした。仙洞御所には上皇がお住まいでは無かったので、再建され

ず。大宮御所だけが、1867年に英照皇太后(孝明天皇の女御)の

女院御所として造営されました。英照皇太后が東京に移られたので

御常御殿を残して整理されました。

 

 

 

大宮御所の御車寄せです。

 

御車寄せの入口です。

 

右端の方がガイドさんです。下図①の場所です。

入ると奥に2間あり、御常御殿の申しの口です。

 

参観者休所にあった絵地図です。

①から②の方に行きます。

この塀をくぐると大宮御所御常御殿南庭②です。

 

大宮御所御常御殿南庭②と御常御殿です。向かって左が紅梅で、右が白梅です。

この御常御殿は歴史で紹介しましたが、幕末に火事で大宮御所と

仙洞御所が焼失しましたが、大宮御所の御常御殿は再建されてい

ます。また、大正時代にイギリスの皇族が京都に来た時に、宿舎と

しました。この時、内装を和装から洋装に変えて、絨毯を敷いて窓

にはガラスを入れました。和室はありません。現在は皇室の京都で

の宿舎として利用されています。今上天皇が上皇となられた時には

この大宮御所に住んで欲しいです。仙洞御所建物跡の⑰の左側に

新宮殿を建てる必要がありますが、東京一極集中を緩和して欲しい

ですね。

 

御常御殿です。ガラス戸になっています。

 

南庭には立派な松の木があります。

 

南庭には竹林もあるので、南庭は「松竹梅の庭」とも言われます。

 

②の大宮御所南庭から東にある塀を抜けると、

又新亭(ゆうしんてい)があります。

 

この御庭口門を抜けると、右側に又新亭があります。

この塀は大宮御所との結界で、仙洞御所の庭園に出ます。

 

又新亭(ゆうしんてい)です。四ツ目垣で囲まれています。抜けてきた御庭口門が見えます。

又新亭は1887年(明治18年)に近衛家から献上された茶室です。

もともとここには修学院離宮から移した、茶室「止々斎」がありました

が、幕末の火災で焼失していました。

 

又新亭(ゆうしんてい)です。この裏側に又新亭の門があります。

 

又新亭の外腰掛です。

この右側に

又新亭の門です。

 

門から見た又新亭のにじり口です。

 

又新亭の丸窓です。

 

パンフレットにあった又新亭の4畳半茶室内部です。

裏千家十一世玄々斎好みと言います。

 

 

この近くに北池の船着き場があります。

又新亭の横にある北池の船着き場です。

 

又新亭の前には北池は広がっています。

 

 

北池です。紅葉していて美しかったです。

造営当時は女院御所の庭でした。

おおむね南池が仙洞御所の庭です。

 

 

 

ズームして拡大撮影しました。

 

今日は此処までです。明日に続きます。

 

読者募集中ですので、読者登録はここのリンクです。
希望があれば、相互登録します。相互アメンバーも募集中です。
どちらもチェックを外して「読者とわかるように」に設定して登録してください。
読者のブログ村・ブログランキングを出来るだけ押しに行きます。

 

Ctrlキーを押したままで、ポチしたら画面が飛ばされません。
 
お手数ですが、よろしく。下矢印ダウンぽちっと下矢印ダウン押すだけ
                                              にほんブログ村 歴史ブログへ

 

                                               ブログランキング・にほんブログ村へ

 

                                               にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

 

                                               にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

                                               
                  お願いします。

 

Top