NFL第9週マンデー・ナイト

 NFLは6日、ウィスコンシン州グリーンベイで

第9週の残り1試合を行い、

ライオンズが30―17(前半14―3)で

地元のパッカーズを下して4勝4敗。

QBマシュー・スタッフォード(29歳)が

33回中26回のパスを通して

361ヤードと2TDをマークしてチームの連敗を3で阻止した。

 ライオンズと同じNFC北地区に所属するパッカーズは

3連敗で4勝3敗。

エースQBアーロン・ロジャース(33)が

10月19日のバイキングス戦で

右の鎖骨を骨折して戦列を離脱し、

3季目のブレット・ハンドリー(24)が

2試合連続で先発したが、最後までパスでTDは奪えなかった。

38回中26回のパスを成功させて245ヤードを稼いだものの、

3度のサックを浴びるなど苦闘。

2011年のスーパーボウルでMVPに輝いている

ロジャースの代役としては、まだ荷が重い一面をのぞかせていた。

(スポニチアネックス)

Top