競馬ニュース(10/12)

 ★京都大賞典3着シュヴァルグラン(栗・友道、牡5)、

13着サウンズオブアース(栗・藤岡、牡6)は

ジャパンC(11月26日、東京、GI、芝2400メートル)へ。

8着カレンミロティック(栗・平田、セン9)は、

アルゼンチン共和国杯(11月5日、東京、GII、芝2500メートル)へ。

 ★毎日王冠2着サトノアラジン(栗・池江、牡6)は、

天皇賞・秋(29日、東京、GI、芝2000メートル)に向かう。

6着マカヒキ(栗・友道、牡4)も引き続き内田騎手で、

8着ソウルスターリング(美・藤沢和、牝3)も同レースへ。

9着ヒストリカル(栗・音無、牡8)は、

福島記念(11月12日、福島、GIII、芝2000メートル)へ

田中勝騎手で向かう。

 ★大原Sを勝ったプリメラアスール(栗・鈴木孝、牝5)は、

エリザベス女王杯(11月12日、京都、GI、芝2200メートル)、

同日の福島記念(福島、GIII、芝2000メートル)か

アンドロメダS(11月18日、京都、OP、芝2000メートル)を視野に入れる。

 ★ポートアイランドS3着キョウヘイ(栗・宮本、牡3)は、

カシオペアS(29日、京都、OP、芝1800メートル)へ。

 ★新潟記念を勝ったタツゴウゲキ(栗・鮫島、牡5)は、

チャレンジC(12月2日、阪神、GIII、芝2000メートル)に向かう。

 

 

 ★夕刊フジ杯オパールSを制したソルヴェイグ(栗・鮫島、牝4)は、

京阪杯(11月26日、京都、GIII、芝1200メートル)を視野に調整される。

香港スプリント(12月10日、シャティン、GI、芝1200メートル)の登録も行う。

 ★毎日王冠4着のダイワキャグニー(美・菊沢、牡3)は、

放牧を挟んでキャピタルS(11月25日、東京、OP、芝1600メートル)を予定。

 

 

 ★サウジアラビアロイヤルC4着のテンクウ(美・奥村武、牡)は、

年内休養の予定。

年明けの自己条件戦で復帰してファルコンSを目指す。

 ★7日の東京未勝利戦(ダ1600メートル)をレコード勝ちした

ムルシェラゴ(美・奥村武、牡)は、

北海道2歳優駿(31日、門別、交流GIII、ダ1800メートル)に

戸崎騎手でエントリーする。

 

(サンケイスポーツ)

Top