プロ野球 レギュラーシーズン全日程が終了

【セ・リーグ】

◆阪神福留&大山連弾!石崎1勝 中日ジョーダン4敗

【写真】7連続三振を奪ったメッセンジャー

<阪神6-1中日>◇10日◇甲子園

 阪神は1回2死二塁から福留の右前打で1点を先制した。

中日は2回から3回に4者連続三振を喫するなど好機を作れなかった。

 阪神メッセンジャーは4回も3者連続三振に抑え無失点で降板。

5回に3点を追加した。

中日は5回の好機も得点にならなかった。

 阪神が7回に4番福留と5番大山が連続本塁打を放つなど、

打線が奮起し快勝、2番手石崎が今季初勝利となった。

中日は終盤反撃するも及ばず先発ジョーダンが4敗目を喫した。







【パ・リーグ】

◆楽天森が3年ぶり白星、ロッテ成田2敗目

<楽天5-0ロッテ>◇10日◇Koboパーク宮城

 楽天は1回に藤田のスクイズで先制。

2回は村林のプロ初安打から、茂木の適時二塁打で追加点。

ロッテは3回まで1安打無得点。

 楽天は4回に相手の失策で2点を追加。

先発岸は2回30球1安打無失点で降板。

ロッテ先発成田は5回4失点(自責2)で降板。

 楽天は7回に内田の適時打で1点を追加。

2番手・森が14年以来、3年ぶりの勝利。

ロッテは打線がつながらなかった。成田が2敗目。

 

 

 セ・リーグの全日程が10日に終了して個人タイトルが確定した。

 <打者部門>

【一覧】パ・リーグ個人タイトル一覧

 首位打者 宮崎敏郎(DeNA=初)3割2分3厘

 最多安打 ロペス(DeNA=初)丸佳浩(広島=初)171安打

 最多本塁打 ゲレーロ(中日=初)35本塁打

 最多打点 ロペス(DeNA=初)105打点

 最高出塁率 田中広輔(広島=初)3割9分8厘

 最多盗塁 田中広輔(広島=初)35盗塁

 <投手部門>

 最優秀防御率 菅野智之(巨人=2年連続3度目)1・59

 最高勝率 薮田和樹(広島=初)8割3分3厘

 最多勝 菅野智之(巨人=初)17勝

 最多セーブ ドリス(阪神=初)37セーブ

 最優秀中継ぎ 桑原謙太郎(阪神=初)マテオ(阪神=初)43HP

 最多奪三振 マイコラス(巨人=初)187個

 

 

 パ・リーグの全日程が10日に終了して個人タイトルが確定した。

 <打者部門>

【一覧】パ・リーグ打撃成績2017

 首位打者 秋山翔吾(西武=初)3割2分2厘

 最多安打 秋山翔吾(西武=2年ぶり2度目)185安打

 最多本塁打 デスパイネ(ソフトバンク=初)35本塁打

 最多打点 デスパイネ(ソフトバンク=初)103打点

 最高出塁率 柳田悠岐(ソフトバンク=3年連続3度目)4割2分6厘

 最多盗塁 西川遥輝(日本ハム=3年ぶり2度目)39盗塁

 <投手部門>

 最優秀防御率 菊池雄星(西武=初)1・97

 最高勝率 千賀滉大(ソフトバンク=初)7割6分5厘

 最多勝 菊池雄星(西武=初)東浜巨(ソフトバンク=初)16勝

 最多セーブ サファテ(ソフトバンク=3年連続3度目)54セーブ

 最優秀中継ぎ 岩崎翔(ソフトバンク=初)46HP

 最多奪三振 則本昂大(楽天=4年連続4度目)222個

 

(日刊スポーツ)

Top