第29回出雲全日本大学選抜駅伝競走

 (9日、島根・出雲大社正面鳥居前-出雲ドーム前、6区間45・1キロ)

大学3大駅伝の開幕戦で、

東海大が2時間11分57秒で10年ぶり4度目の優勝を飾った。

3連覇を狙った青学大は1分33秒差の2位だった。(タイムは速報値)

(サンケイスポーツ)

 東海大は1区(8・0キロ)で阪口竜平(2年)が区間賞を獲得。

2区(5・8キロ)の館沢亨次(2年)も健闘し、

2位の神奈川大に17秒差をつけて、

3区(8・5キロ)の松尾淳之介(2年)にトップでたすきをつなげた。

松尾は3位に転落したが、首位の青学大との差を5秒にとどめた。

4区(6・2キロ)の鬼塚翔太(2年)が区間賞に輝き、トップに再浮上。

5区(6・4キロ)の三上嵩斗(3年)、

最終6区(10・2キロ)の関颯人(2年)が青学大との差を広げ、

10年ぶりの栄冠を勝ち取った。

Top