【清和源氏】編『足利一族』章「今川氏」節 01.今川氏

 「吉良氏」節で述べた様に、足利氏は、清和源氏の源義家の三男、源義国を祖とする。

 義国の次男、源義康は、上野国の足利荘を相伝すると、足利義康を称した。

 源姓足利氏は、義康、義兼、義氏、泰氏と、父から息子へ、順調に家督が継承された。
 
 三代目の足利義氏には、長氏・泰氏・義継の三人の息子がいたことは、前節で述べた。

 次男の泰氏の母が、鎌倉幕府の執権である、北条泰時の娘であったため、足利宗家の家督を継承する。

 義氏は、承久の乱で、幕府方として功績を挙げ、三河国の守護となった。

 足利義氏は、庶長子の長氏に、三河国幡豆郡吉良荘を与え、長氏は、吉良長氏を称した。

 吉良氏の誕生である。

 吉良長氏には、二人の息子がいた。長男の満氏と次男の国氏である。

 長氏は、三河国幡豆郡の今川荘を隠居地としたが、後に国氏が、この地を譲られて、地頭になると、今川国氏を称した。今川氏は、三つの村の領主から始まったのである。
 
 吉良長氏が、義兼の長男でありながら、次男の泰氏が、足利氏の家督を継承したため、吉良氏は、足利将軍家から、御一家として遇され、「御所が絶えなば、吉良が継ぎ、吉良が絶えなば、今川が継ぐ」と言われたように、足利宗家の血統が絶えた場合、征夷大将軍の継承権が発生する、特別な家柄として扱われていたと言われる。
 
 吉良家出身の管領及び守護、侍所所司が、一人もいないのは、それらの役職が、家臣の仕事であり、足利宗家の継承権を持つ家の者が、に任じられる身分ではなかったためとの説もある。

 しかし、筆者の個人的見解であるが、吉良一族は、観応の擾乱では、足利直義に味方して、将軍である、足利尊氏と敵対し、その後も南朝に属し、北朝に帰順するのが遅かったため、三河国の小領主に過ぎず、幕府の枢要な役職に就けなかったと考えられる。
 
 一方、吉良氏の分家である、今川氏は、管領を輩出することはなかったものの、守護・侍所所司を輩出している。

 そして、何よりも、今川氏は、足利一門の主要な氏族の多くが、応仁の乱後、下剋上の時代に、衰亡の一途を辿ったのに対し、今川氏は、唯一、駿河国・遠江国を擁する、守護大名から、有力な戦国大名化に成功したのである。
 
 歴史小説・大河ドラマなどは、戦国時代末期の三英傑、織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の時代を中心に描くことが多いため、足利氏の有力一門である、仁木氏・畠山氏・吉良氏・斯波氏・一色氏・山名氏などの名を知らない人も多いであろう。

 しかし、今川氏の名は、誰もが、聞いたことがあるはずである。

 ただし、皮肉なことに、今川氏を有名にしたのは、桶狭間の戦いで、今川義元が、織田信長に討たれたという、噛ませ犬の役割であるが。
 
 今川氏の祖、国氏には、基氏・常氏・俊氏・政氏の四人の息子がいた。

 今川氏の家督を継承したのは、長男の基氏である。

 次男の常氏の子孫は、関口氏に、三男の俊氏の子孫は、入野氏に、四男の政氏の子孫は、木田氏となり、今川宗家を支えた。
 
 基氏の代に、鎌倉幕府の内紛、霜月騒動が発生し、基氏(国氏との説もある)は、その戦功によって、遠江国の引間荘を与えられた。



[https://history.blogmura.com/his_sengoku/ranking.html にほんブログ村 戦国時代]
Top