ボートレース

 「海の王者決定戦・G1」(7日、大村)

 優勝戦が12Rで行われ、

羽野直也(22)=福岡・114期・A1=が、

2コース差しを決めて快勝。

平成生まれの選手で初となるG1タイトルを手にした。

2、3着には地元の原田幸哉、山口裕二(ともに長崎)が入った。

(デイリースポーツ)

 羽野が大仕事をやってのけた。

2号艇で挑んだ優勝戦はコンマ06のトップS。

スリット後はまくりに出たが

イン原田に抵抗されると、素早く差しへチェンジ。

2Mを先マイして原田を競り落とした。

「切り替えて差しに行った時の足が良かった。

優勝できて本当にうれしい」と、

平成生まれの選手で初のG1制覇に満面の笑みを浮かべた。

 22歳6カ月でのG1優勝は、

SG優勝9回を誇る瓜生正義(福岡)の22歳4カ月に迫る

スピード記録。

“瓜生2世”の愛称と呼ばれる実力は本物だ。

この優勝で

SG・クラシック(18年3月16日~21日・浜名湖)の出場権もゲット。

「まだまだ自分は未熟。SGでも通用する力を付けたい。

そのためには今後も努力したい」

と優勝にもおごることなく、さらなるレベルアップを誓った。

Top