FIFAワールドカップ2018ロシア・欧州予選第9節(ISM) ドイツが予選突破

 2018年W杯欧州予選は

現地時間5日(以下現地時間)に

各地で第9節が行なわれ、

グループCでは

首位ドイツが2位北アイルランドを

敵地で3対1で下し、

9戦全勝で本大会進出を決めた。

 試合前に

10戦全勝で予選を終えたいと話した

ドイツ代表のヨアヒム・レーヴ監督。

その言葉に応えるべく、

開始2分にルディがミドルシュートで先制点を奪うと、

21分にはミュラーからのパスを反転して受けたヴァグナーが

ゴールを決め追加点。

86分にも

ゴール右の角度のない位置からキミッヒがネットを揺らし、

勝利を決定づけた。

 この勝利で、

ドイツは9戦全勝の勝ち点27で予選突破を果たした。

勝ち点19の北アイルランドは、

1試合を残してグループ2位は確定しているが、

各グループ2位の上位8チームが進むプレーオフに向け、

8日のノルウェー戦が重要な一戦となる。

 そのほかの試合では、

3位アゼルバイジャンがホームで4位チェコに1対2で敗れ、

5位ノルウェーが最下位サンマリノに8対0で大勝した。

これによりアゼルバイジャンは5位まで順位を落とし、

チェコとノルウェーがそれぞれ一つずつ順位を上げた。(STATS-AP)

 

 

 グループEでは

首位ポーランドが5位アルメニアを敵地で6対1で下し、圧勝。

本大会進出まであと一歩と迫った。

 ポーランドは開始2分に先制点を奪うと、

18分にはレヴァンドフスキの直接FKが決まり追加点。

レヴァンドフスキは25分、64分にもネットを揺らし、

今予選3度目のハットトリックを決めた。

ブワシュチコフスキとヴォルスキもそれぞれゴールを決め、

ポーランドが計6得点で圧勝した。

 レヴァンドフスキは

この試合でポーランド代表通算50得点をマーク。

ヴォジミエシュ・ルバンスキ氏の持つ最多記録の48得点を更新。

さらに今予選での計15得点は、

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの14得点を抜き、

欧州予選1大会での得点記録も更新した。

 勝ち点で並ぶデンマークとモンテネグロの直接対決は、

エリクセンの今予選7点目のゴールでデンマークが1対0で勝利。

4位ルーマニアは最下位のカザフスタンを3対1で下した。

この結果、デンマークが2位となりモンテネグロが3位、

下位3チームの順位は変わらず。

 1試合を残し2位との勝ち点差を3でキープしたポーランドは

8日のモンテネグロ戦を引き分け以上で終えれば本大会進出が決まる。

(STATS-AP)

Top