彦根城 その8

彦根城の続きです。

まだまだ続きます。

IMG_0501.JPG

西の丸から再び本丸に戻ります。

裏から見た天守です。

IMG_0502.JPG

天守の下から黒門に下ります。

西の丸水の手虎口です。

江戸時代の絵図によると高麗門が建てられていました。

発掘調査の結果、別の礎石が見つかり、水の手虎口門は当初は櫓門だった可能性が出てきました。

IMG_0505.JPG

本丸の石垣です。

かなりの高石垣です。

IMG_0507.JPG

井戸曲輪への門です。

石垣を築き足して虎口幅を狭くしています。

IMG_0508.JPG

井戸曲輪です。

絵図は御城内御絵図です。

井戸曲輪は黒門から本丸に向かう途中にある曲輪です。

北東隅に塩櫓が築かれて周囲には土塀が巡っていました。

塩櫓の下に方形と円形の桝があります。

これが水の手です。

山の中腹のため掘り抜きの井戸ではなく、雨水を溜める構造でした。

IMG_0511.JPG

方形の桝です。

今も水が湛えられています。

ただし、あまりきれいな水とはいいがたいです。

IMG_0512.JPG

こちらは円形の桝です。

深さはかなりあります。

井戸に接して集水する石組の溝です。

IMG_0514.JPG

塩櫓の跡です。

石垣が残っています。

IMG_0513.JPG

井戸曲輪から見上げた天守です。

石垣の高さは約10mです。

IMG_0515.JPG

井戸曲輪の虎口です。

虎口は結構狭いです。

IMG_0516.JPG

井戸曲輪と本丸の石垣です。

高さは合せて30mあります。

彦根城の石垣では一番の見所です。

圧巻ですね。

(続く)
Top