プロ野球

【セ・リーグ】

◆DeNA細川V弾&浜口10勝、中日阿知羅は初黒星

<DeNA2-1中日>◇4日◇横浜

 DeNAは1回、3番宮崎が15号ソロアーチで先制した。

中日は3回先頭の近藤が左翼スタンドへ1号ソロを放ち

同点に追いつく。

 DeNAは5回、

先頭の細川が右翼スタンドへ勝ち越し本塁打を放つ。

浜口は4回以降、中日打線を無安打に抑える。

 DeNAは浜口が7回4安打1失点で、10勝目を挙げて

チームはシーズン終了。

貯金8で終えた。エスコバーは2セーブ目。

中日は2連敗となった。阿知羅は初黒星。







【パ・リーグ】

◆日本ハム大谷が完封で3勝目、オリックス金子8敗目

<日本ハム3-0オリックス>◇4日◇札幌ドーム

 日本ハム大谷は「4番投手」で先発し、3回まで完全投球。

オリックス先発の金子も3回まで無失点の立ち上がりを見せた。

 日本ハムは4回、大田が満塁の走者を一掃する3点適時二塁打。

大谷は6回まで2安打無失点に抑えて終盤戦に突入した。

 日本ハム大谷が打っては4打数1安打、

投げては今季初の完封勝利で3勝目。

本拠地最終戦を白星で締めた。

オリックスは3連敗。金子は8敗目。





◆楽天3位が確定、ロッテは今季2度目の引き分け

<ロッテ1-1楽天>◇4日◇ZOZOマリン

 序盤はロッテ二木、楽天岸の両先発が好投した。

3回まで、二木は3安打、岸は2安打で、ともに無失点に抑えた。

 中盤も、両先発とも相手打線に得点を与えなかった。

6回を終え、ロッテ二木が5安打、楽天岸が3安打で、

互いに無失点を継続。

 ロッテは7回、高浜の適時二塁打で1点先制。

楽天は9回2死一、二塁から聖沢の適時打で同点とし、

延長戦に持ち込んだ。

 楽天は延長12回に勝ち越せず、

この時点でこの日の勝利はなくなり、3位が確定した。

ロッテは今季2度目の引き分け。

 

(日刊スポーツ)

Top