白山大賞典

 3日、金沢競馬場で行われた

第37回白山大賞典(GIII・3歳上・ダ2100m・1着賞金2100万円)は、

2番手でレースを進めた岩田康誠騎手騎乗の1番人気

インカンテーション(牡7、栗東・羽月友彦厩舎)が、

3~4コーナーで先頭に立ってゴールまで押し切り、

好位追走から脚を伸ばした5番人気

カツゲキキトキト(牡4、愛知・錦見勇夫厩舎)に

2.1/2馬身差をつけ優勝した。

勝ちタイムは2分13秒6(不良)。

 さらに1/2馬身差の3着に

2番人気クリノスターオー(牡7、栗東・高橋義忠厩舎)が入った。

なお、3番人気コパノチャーリー(牡5、栗東・村山明厩舎)は8着に終わった。

 勝ったインカンテーションは、

父シニスターミニスター、母オリジナルスピン、

その父Machiavellianという血統。

かしわ記念2着以来のレースを見事に制した。

重賞はこれで5勝目(交流重賞の勝利は初)。(netkeiba)

Top