プロ野球

【セ・リーグ】

◆DeNA高卒新人の細川が決勝弾 中日は反撃及ばず

【写真】巨人相川引退、天国の母へ「やり切ったよ」一問一答

<DeNA3-1中日>◇3日◇横浜

 DeNAは1回、

高卒新人の細川が初打席初本塁打となる3ランで先制した。

初登板初先発の綾部も好投し、3回まで無失点投球。

 DeNAは、

綾部が5回4安打無失点で勝ち投手の権利を得て交代した。

中日は石川がプロ初安打から3打席連続安打で猛打賞。

 中日は7回

先頭の松井雅が右翼スタンドへソロ本塁打を放ち1点返すも

届かず敗れた。

先発笠原は3敗目。

DeNAは2連勝。

綾部はプロ初勝利、エスコバーは初セーブを挙げた。





◆巨人山本の満塁弾で勝利、ヤクルトは96敗で終了

<ヤクルト6-10巨人>◇3日◇神宮

 巨人は1回に坂本勇の2ランで先制。

2回にも宇佐見の4号ソロで加点する。

ヤクルトは3回に山田の適時打で1点を返す。

 ヤクルトは4回に2得点し、同点。

5回には3点を挙げて勝ち越す。

巨人は6回にマギーのソロから3点を奪い、同点に追いつく。

 巨人は9回に

引退を発表した相川の安打から山本が満塁弾を放ち、勝利。

ヤクルトは球団最悪を更新する96敗でシーズンを終えた。

巨人戸根が今季初勝利。ヤクルト秋吉は6敗目。





【パ・リーグ】

◆西武菊池雄星リーグトップタイ16勝、楽天美馬7敗

<西武10-3楽天>◇3日◇メットライフドーム

 西武は2回に炭谷の4号ソロで先制。

逆転された直後の3回2死二塁から

山川の右中間席へ運ぶ22号2ランで再び逆転した。

 楽天は4~6回まで無得点。

西武は6回に

森の適時二塁打、代打栗山の犠飛で2点を追加し、

3点リードで終盤に入った。

 西武は8回に炭谷の5号2ランなどで5点を加え快勝。

先発菊池は8回3失点(自責1)で

リーグトップタイの16勝目を挙げた。

楽天先発美馬は7敗目。



◆日本ハム10得点大勝、オリックス吉田凌プロ1敗目

<日本ハム10-5オリックス>◇3日◇札幌ドーム

 日本ハムは1点を追う2回、

石井一の同点適時打なで勝ち越し。

3回には5点を加点。

オリックス先発吉田凌は3回途中でKO。

 日本ハムは4回に横尾の7号2ラン、

5回に清水のプロ1号ソロで引き離した。

オリックスは5回に大城の適時打などで2点返す。

 日本ハムは10得点の猛攻で大勝。先発高梨は7勝目。

オリックスは8回に2点を返すも、反撃は遅かった。

吉田凌はプロ1敗目。

 

(日刊スポーツ)

Top