阪神ジャンプステークス

 16日、阪神競馬場で行われた

阪神ジャンプS(3歳上・JGIII・障害3140m)は、

スタートから少し進んだところでハナに立った

林満明騎手騎乗の1番人気

アップトゥデイト(牡7、栗東・佐々木晶三厩舎)が、

そのままゴールまで逃げ切り、

2着の4番人気ルペールノエル(牡7、栗東・藤原英昭厩舎)に

6馬身差をつけ優勝した。

勝ちタイムは3分29秒3(稍重)。(netkeiba)

 さらにクビ差の3着に

6番人気マイネルフィエスタ(牡7、栗東・中村均厩舎)が入った。

なお、2番人気

ハギノパトリオット(セ5、栗東・松田国英厩舎)は5着に終わった。

 また、3番人気ソロル(牡7、栗東・中竹和也厩舎)は故障発生のため

ジョッキーが下馬、競走を中止した。

完走は6頭。

 勝ったアップトゥデイトは、

父クロフネ、母リニアミューズ、その父トニービンという血統。

重賞は2015年の中山大障害以来で、4勝目。

また、本馬を管理する佐々木晶三調教師は

この勝利でJRA通算500勝を達成した。

Top