野路菊ステークス

 16日、阪神競馬場で行われた野路菊S(2歳・OP・芝1800m)は、

道中は後方3番手に構えた

福永祐一騎手騎乗の1番人気

ワグネリアン(牡2、栗東・友道康夫厩舎)が、

直線で外から一気に突き抜け

、2着の2番人気ディロス(牡2、美浦・木村哲也厩舎)に

2.1/2馬身差をつけ優勝した。

勝ちタイムは1分49秒3(重)。(netkeiba)

 さらに1/2馬身差の3着に

8番人気シンデレラメイク(牝2、栗東・鮫島一歩厩舎)が入った。

なお、3番人気クリノクーニング(牡2、栗東・須貝尚介厩舎)は

シンデレラメイクとクビ差の4着に終わった。

 勝ったワグネリアンは、

父ディープインパクト、母ミスアンコール、

その父キングカメハメハという血統。

重馬場をものともしない快勝で、

7月16日の新馬戦(中京)に続くデビュー2連勝を飾った。

Top