東京六大学野球秋季リーグ戦第2週第1戦

 東京六大学野球秋季リーグ戦第2週第1日は

16日、神宮球場で1回戦2試合が行われ、

東大が慶大を5―2で破り、

昨秋の立大1回戦以来の白星を挙げた。

明大は法大に8―4で先勝。(時事通信)

 東大は宮台(4年、湘南)が8安打で完投し、通算5勝目。

二回までに短打攻勢で3点先取し、

六回には新堀(2年、麻布)の本塁打で加点した。

東大の連敗は16で止まった。

明大は2点リードの七回に

高瀬(3年、長崎西)の2ランなどで3点を加え大勢を決めた。

 17日に行われる予定だった

明大―法大、慶大―東大の2回戦2試合は

台風18号の影響で18日に順延された。 

Top