AFCチャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグ

 サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は

13日、埼玉スタジアムで

ホームアンドアウェー方式の準々決勝第2戦を行い、

第1戦で敗れていた浦和が川崎を4─1で下し、

2戦合計5─4として4強に進出した。(ロイター)

 浦和は前半19分に1点を失ったが、

同35分に興梠慎三が同点ゴール。

後半25分にズラタン・リュビヤンキッチのゴールで勝ち越すと、

39分にラファエルシルバ、その2分後に高木俊幸と

続けざまに得点した。

 浦和は2008年以来9年ぶり、3回目の4強入り。

準決勝では上海上港(中国)と対戦し、

9月27日にアウェイ、10月18日にホームで試合を行う。

Top