プレジデンツ・カップメンバーに注目

 米男子ツアーのプレーオフシリーズ第3戦 BMW選手権が

現地時間14日、イリノイ州のコンウェイ・ファームズGCを舞台に開幕。

松山英樹はフェデックスカップ・ポイントランク4位で今大会に挑む。(ISM)

 第2戦 デル・テクノロジーズ選手権終了時のランク上位70人が

カットラインなしの今大会に出場。

賞金総額は875万ドル、

優勝者には157万5000ドル(約1億7000万円)が送られる。

 昨季大会はインディアナ州のクルックド・スティックGCで開催され、

ダスティン・ジョンソン(米)が優勝。

2日目にコースレコードの9アンダー63でプレーするなど、

ポール・ケイシー(英)に3打差をつけ、

通算23アンダーで勝利をつかんだ。

 ランク4位で今大会に挑む松山は、初戦こそ予選落ちを喫したが、

第2戦目は23位タイでフィニッシュしている。

また、同選手はザ・プレジデンツカップ

(現地時間9月28日/ニュージャージー州、リバティ・ナショナルGC)の

世界選抜メンバーに選出された。

 松山に加え、

第2戦 デル・テクノロジーズ選手権で今季5勝目を挙げた

ジャスティン・トーマス(米)、

ポイントランキングで首位を走るジョーダン・スピース(米)、

大会連覇&今プレーオフシリーズ2勝目を狙うジョンソンに注目が集まる。

 また、ザ・プレジデンツカップの米国選抜メンバー12人は

第3戦に駒を進めたが、

世界選抜メンバーは

アダム・スコット(豪)とブランデン・グレイス(南ア)が第2戦で姿を消した。

 最終戦 ツアー選手権

(現地時間21日/ジョージア州、イースト・レイクGC)には

今大会終了時のポイントランク上位30人が進出。

4戦を終えランク1位に輝いた選手にはボーナスとして

1,000万ドル(約11億円)が与えらえる。

Top