ボートレース

 「第45回高松宮記念特別競走・G1」(11日、住之江)

 混戦の1周2Mを差して先頭で抜け出した

6号艇の吉田拡郎(35)=岡山・90期・A1=が、

14年4月大村周年以来、自身2回目となるG1Vを果たした。

2着は井口佳典、3着には峰竜太が入った。

地元の期待を背負った1号艇の岡村仁は

痛恨のフライング(F)となった。(デイリースポーツ)

 大波乱の結末だ-。

地元で圧倒的な人気を集めた岡村のFで始まったレース。

バックで抜け出した井口と峰が2Mで競ったところを

吉田が冷静に差した。

 自身2回目となるG1制覇。

ただ、事故レースだっただけに「複雑ですね…」

と素直には喜べない様子。

それでも「高松宮記念という素晴らしいタイトルに

名を刻めたのは素直にうれしい」と最後は堂々と胸を張った。

 この勝利で賞金ランクは34位まで浮上。

「圏外から山の麓まで来られた。

SG・チャレンジカップ(11月21~26日・下関)出場へ向けて

モチベーションが上がりました」。

久々のG1Vで勢いを増した吉田が、賞金レースに殴り込みをかける。

Top