ゴルフ男子世界ランキング

 米国時間11日に

最新の男子ゴルフ世界ランキングが発表となり、

国内男子ツアーのISPSハンダマッチプレー選手権を制した

片山晋呉が91ランクアップの170位と大幅に順位を上げた。

 また、同大会で同大会で単独3位の高山忠洋も

380位から310位と70ランクの大幅アップとなっている。

一方、前週55位の谷原秀人は4回戦で敗退となったものの、

2つ順位を上げて53位に。

7位タイとなった池田勇太は1ランクアップの62位となっている。

 米男子ツアーはオープンウィークのため、上位勢に変動は無かった。

松山英樹は3位をキープ。

1位ダスティン・ジョンソン(米)、2位ジョーダン・スピース(米)、

4位ジャスティン・トーマス(米)、5位ジョン・ラーム(スペイン)となっている。

 欧州、アジア両ツアー共催のオメガ・ヨーロピアン・マスターズで

今季初勝利を挙げたマシュー・フィッツパトリック(英)が15ランクアップの33位。

同大会のプレーオフで惜しくも敗れ単独2位となったスコット・ヘンド(豪)は、

20ランクアップの78位に浮上している。(ISM)

Top