安土城の紹介1 歴史

今日から織田信長の築城した安土城の紹介です。

歴史

安土城建設前の安土山(目賀田山)には、、近江守護佐々木氏(六角氏)

後に浅井長政に仕えた御家人格の目加田(目賀田)氏の居城がありまし

た。観音寺城の支城であった目加田(目賀田)城です。信長建設当時は、

目加田氏は明智光秀の家臣になっていました。 信長に安土城建設のた

めの用地提供を要請された、42代目賀田摂津守貞政は代わりの領地と、

現在の目賀田城とを引き換えに目賀田山を信長に明け渡します。

 

大手門跡とと安土山

この右に石碑があります。

安土城址の石碑です。

 

現地の安土城解説板です。

 

現地の安土城大手道地図です。

 

グーグルより引用の地図です。

 

付近の地図です。安土城の右下の山は六角氏の

観音寺城(上図②)がある山です。目加田氏の城

があった安土山は、観音寺城の支城でした。

 

大手門跡付近です。車の向こう側辺りに大手門がありました。

 

大手門辺りの発掘調査図です。

 

安土城は、織田信長によって、現在の安土山に建造され、大型の天守

(現地では「天主」と表記)を初めて持つ威容でした。地下1階地上6階

建てで、天主の高さが約32メートル。総奉行には丹羽長秀、普請奉行

に木村高重、大工棟梁には岡部又右衛門、縄張奉行には羽柴秀吉、石

奉行には西尾吉次、小沢六郎三郎、吉田平内、大西某、瓦奉行は小川

祐忠、堀部佐内、青山助一が担当しました。


この城を築城した目的は、岐阜城よりも当時日本の中央拠点であっ

た京に近く、琵琶湖の水運も利用できるため利便性があり、加えて、

北陸街道から京への要衝に位置していたことから、「越前・加賀の一

向一揆に備えるため」あるいは「上杉謙信への警戒のため」、などと

推察されます。城郭の規模や容姿は、太田牛一や宣教師の記述に

あるように天下布武を象徴し、山頂の天主に信長が起居しその家族

も本丸付近で生活しました、家臣は山腹あるいは城下の屋敷に居住

していたようです。
現在残る城郭遺構は安土山の全体に分布し、建築物では仁王門と

三重塔が、現在 城山の中腹に所在する摠見寺の境内に残っていま

す。二の丸には信長の霊廟が置かれています。

 

現地にある安土城の地図です。

 

摠見寺の仁王門(楼門)です。

 

摠見寺の三重塔です。

 

二の丸にある信長の霊廟です。1583年に秀吉が建てました。

 

1582年(天正10年)に家臣明智光秀による信長への謀反の後、何ら

かの原因によって焼失し、その後廃城となり、現在は石垣などの一部

の遺構を残すのみで、当時実際に城を観覧した宣教師ルイス・フロイ

スなどが残した記録によって想像されます。

滋賀県は1989年(平成元年)から20年にわたって安土城の発掘調査

を実施しました。南山麓から本丸へ続く大手道、通路に接して築造され

た伝羽柴秀吉邸や伝前田利家邸、天皇行幸を目的に建設したとみられ

る、内裏の清涼殿を模した本丸御殿などの当時の状況が明らかとなり、

石段・石垣が修復工事されました。

                        (現地資料とウイッキペデイアより引用)

 

安土城の動画をお借りしました。(約13分)

 

ここは休憩所兼売店です。何か買わないと休憩できないので

使い勝手が悪いです。

 

この安土山が摠見寺の所有なので、

最近入場料が有料となりました。

石段前の料金所木戸です。つい最近入場料が値上げされて700円です。

以前30年前に来た時は無料でした。

 

今日はここまでです。明日に続きます。

 

読者募集中ですので、読者登録はここのリンクです。
希望があれば、相互登録します。相互アメンバーも募集中です。
どちらもチェックを外して「読者とわかるように」に設定して登録してください。
読者のブログ村・ブログランキングを出来るだけ押しに行きます。

Ctrlキーを押したままで、ポチしたら画面が飛ばされません。
 
お手数ですが、よろしく。下矢印ダウンぽちっと下矢印ダウン押すだけ
                                              にほんブログ村 歴史ブログへ

 

                                               ブログランキング・にほんブログ村へ

 

                                               にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

 

                                               にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

                                               
                  お願いします。

 

Top