コリン・モンゴメリーが逆転V

 米チャンピオンズツアーのJAL選手権が

10日、千葉県の成田ゴルフ倶楽部を舞台に

最終ラウンドの競技を終了。

コリン・モンゴメリー(スコットランド)が今季初優勝を飾っている。

(ISM)

 首位と3打差の3位からスタートしたモンゴメリーは、

ボギー先行の中、スコアを伸ばせずに前半を終える。

するとサンデーバックナインでは

長いバーディパットを次々と沈め、

トータル6バーディ、1ボギーの「67」でホールアウト。

通算14アンダーまでスコアを伸ばした同選手は、

昨年9月以来となるツアー通算5勝目を挙げている。

 通算13アンダー2位タイに

前日トップのスコット・マッキャロン(米)とビリー・メイフェア(米)、

通算12アンダー単独4位にグレン・デイ(米)。

通算11アンダー5位タイに

ケビン・サザーランド(米)、

イエスパー・パーネビック(スウェーデン)が並ぶ。

 一方、日本勢最高位の倉本昌弘は、

17番でイーグルをマークするなど「67」で回り、

マイク・グッデス(米)と通算10アンダー7位タイ。

また、トム・ワトソン(米)は通算3アンダー34位タイ、

ジョン・デイリー(米)は通算2アンダー39位タイとなっている。

 その他の日本勢は、崎山武志は通算1オーバー51位タイ、

室田淳が通算2オーバー53位タイ、

中嶋常幸が通算3オーバー55位タイ。

井戸木鴻樹が通算4オーバー単独58位、

尾崎直道が通算5オーバー59位タイで3日間の競技を終えた。

Top