李知姫長丁場を制す

 国内女子ツアーの今季メジャー第2戦 

日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯が

10日、岩手県の安比高原ゴルフクラブを舞台に

最終ラウンドの競技を終了。

李知姫(韓)が通算4アンダーで優勝を果たした。(ISM)

 李は6バーディ、4ボギーの2アンダーでプレーし、

2016年

ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント以来

ツアー通算22勝目。

2打差単独2位にイ・ミニョン(韓)、

3打差単独3位に東浩子が続いた。

 その他、4アンダーで回った川岸史果が

通算1アンダーで柏原明日架、比嘉真美子と並び4位タイ、

通算イーブンパー7位タイに

昨季覇者の鈴木愛、藤田さいき、葭葉ルミ。

賞金ランキングトップのキム・ハヌル(韓)は通算5オーバー29位タイ、

イ・ボミ(韓)は通算7オーバー39位タイで大会を終えている。

Top