プロ野球

【セ・リーグ】

◆広島、39度目の逆転勝ちで9連勝 中日は3連敗

【写真】右越え2点本塁打を放つ松山

<中日3-4広島>◇10日◇ナゴヤドーム

 中日は1回1死二塁から遠藤の適時打で先制した。

広島は3回に2死三塁の好機も、菊池が左飛に倒れ無得点。

 広島は4回に安部の遊撃への内野適時打で同点。

中日はその裏に松井佑の適時打で再びリードを奪った。

6回にも1点を追加。

 広島は7回に松山の同点12号2ラン、西川の適時打で勝ち越した。

今季39度目の逆転勝利で9連勝。

大瀬良が9勝目、中崎は6セーブ目を挙げた。

中日は3連敗、又吉が3敗目を喫した。

◆阪神2試合連続サヨナラ勝ち、9回伊藤隼太V打

<阪神7-6DeNA>◇10日◇甲子園

 阪神は1回に福留の適時打で先制。

2回にDeNAは3点を挙げて逆転するも、

阪神は2回に1点、3回に2点を入れて勝ち越した。

 阪神は4回に糸井の13号ソロで加点した。

先発メンドーサは勝ち投手の権利を持って5回に降板。

DeNAは6回に1点を返した。

 阪神は同点の9回裏2死満塁から伊藤隼が安打を放った。

2試合連続のサヨナラ勝ち。ドリスが4勝目。

DeNAは4連敗となった。三上が3敗目。

◆巨人マイコラス13勝目 ヤクルト成瀬が今季初黒星

<巨人6-1ヤクルト>◇10日◇東京ドーム

 巨人は2回無死一、三塁で

長野の内野ゴロの間に先制点を入れた。

先発マイコラスは3回まで無安打無失点に抑える立ち上がり。

 巨人は4回2死二塁から

長野の三ゴロが適時失策を生み、追加点を入れた。

マイコラスは6回まで2安打7奪三振無失点の好投。

 巨人は7回に阿部、村田、長野の適時打で3点を入れダメ押し。

マイコラスは13勝目。貯金3とした。

ヤクルト成瀬が今季初黒星。

【パ・リーグ】

◆ソフトバンク・サファテ50S、ロッテ借金40

<ロッテ3-6ソフトバンク>◇10日◇ZOZOマリン

 ソフトバンク先発は3連勝中の和田、

ロッテ先発は3連敗中の二木。

序盤3回は両軍ともに走者を出すも無得点に終わった。

 ソフトバンクは4回、先頭の柳田が三塁打で出塁も無得点。

ロッテも4回に先頭の角中が中前打も、走者を進められなかった。

 ソフトバンクは7回に本多と今宮が適時打、9回も加点した。

今季初の9連勝で、サファテは史上初の50セーブ。和田は4勝目。

ロッテは借金40。二木は9敗目。

◆西武、乱打戦制し連敗止める 日本ハム連勝ストップ

<西武8-7日本ハム>◇10日◇メットライフドーム

 日本ハムは1回表に相手の失策から1点先制。

西武はその裏、浅村の適時二塁打などで2点を挙げ、

2回に炭谷のソロで加点した。

 西武は5回までに7得点。

日本ハムは6回表に5点を奪い同点に追いつくも、

西武はその裏、源田の適時打で1点を勝ち越した。

 西武は7回から牧田、シュリッター、増田とつないで

1点を守りきり、連敗を2で止めた。

2番手の平井が2勝目、増田は26セーブ目を挙げた。

日本ハムの連勝は2でストップ、玉井が初黒星を喫した。

◆楽天が本拠地連敗を10で止める 則本12勝目

<楽天2-1オリックス>◇10日◇Koboパーク宮城

 楽天は2回先頭からペゲーロの25号ソロで先制。

先発則本は3回まで3安打無失点。

オリックス先発は松葉。

 楽天は同点の5回2死三塁から嶋の中前適時打で勝ち越した。

オリックス先発松葉は、6回5安打2失点で降板。

 楽天が本拠地での連敗を10で止めた。

自身3連敗中だった則本が、7回1失点で12勝目。

オリックスは、打線がつながらなかった。松葉が11敗目。

 

(日刊スポーツ)

Top