競輪

 「長良川鵜飼カップ・G3」(10日、岐阜)

 最終日の12Rで決勝戦が争われ、

伏兵の成清貴之(43)=千葉・73期・S1=が、

最終2角からまくった平原康多を差し切って波乱の幕切れ。

成清は2014年の千葉以来、2回目の記念優勝を果たした。

2着は平原、3着には野原雅也が入った。(デイリースポーツ)

 成清自身の動きや状態がいいからこその優勝だ。

2次予選は大外強襲で1着突破。

準決は自らまくって決勝切符をつかみ取った。 

「初日は弱い時の感じだったけど、うまく修正ができた。

でも、年齢のせいか疲れが抜けなくてね。

それより、今回って記念なんですよね。

前回の記念優勝なんて忘れちゃったよ」 

レースは、打鐘から野原と竹内が主導権争い。

あいた内を突き進んだ平原を成清はきっちりと差し切った。

「平原君はさすがですね。

少しあいたとはいえ、まさか全て内へ行くとは。

みんな、俺が勝つなんて思ってなかったでしょ」

と先導役に賛辞を送った。

Top