マッキャロン 今季5勝目へ

 米チャンピオンズツアーのJAL選手権が

9日、千葉県の成田ゴルフ倶楽部を舞台に

第2ラウンドの競技を終了。

スコット・マッキャロン(米)が単独首位で最終日を迎える。

(ISM)

 3位からスタートしたマッキャロンは、

2つスコアを伸ばして迎えた後半、4バーディを奪い、

ノーボギーの「66」でホールアウト。

ここ3試合で2勝を挙げるなど好調をキープする同選手は、

後続に1打差をつけて今季5勝目に王手をかけている。

 通算11アンダー単独2位に前日首位のケビン・サザーランド(米)、

通算9アンダー3位タイに

トッド・ハミルトン(米)、コリン・モンゴメリー(スコットランド)、

カルロス・フランコ(パラグアイ)が並ぶ。

 通算8アンダー6位タイに

ジェフ・スルーマン(米)、スティーブン・エイメス(カナダ)、

ポール・ゴイドス(米)、ウェス・ショートJr.(米)、

通算7アンダー10位タイにジェフ・マガートらが続く。

また、ジョン・デイリー(米)は通算2アンダー38位タイ、

トム・ワトソンは、1オーバー73で通算1アンダー単独46位となっている。

 一方、首位と2打差の4位タイからスタートした倉本昌弘は、

3バーディ、3ボギーの「72」でホールアウトし、

通算5アンダー20位タイに順位を落とした。

その他の日本勢は、中嶋常幸が通算1オーバー52位タイ、

崎山武志、室田淳、井戸木鴻樹が通算2オーバー55位タイ、

尾崎直道が通算4オーバー59位タイとなっている。

Top