東浩子 快挙に挑戦

 国内女子ツアーの今季メジャー第2戦 

日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯が

9日、岩手県の安比高原ゴルフクラブを舞台に

第3ラウンドの競技を終了。

通算3アンダーまでスコアを伸ばした

東浩子と李知姫(韓)が首位タイで最終日を迎える。(ISM)

 首位タイからスタートした東は、

1オーバー72とスコアを落としたものの、

ツアー初優勝に向けトップタイをキープ。

一方の李は9番でイーグルをマークするなど、

3アンダー68と大きくスコアを伸ばし、

昨年9月以来となる約1年ぶりの優勝に向け、

好位置から残り18ホールを戦う。

 1打差の単独3位に藤田さいき、

2打差の4位タイに黄アルム(韓)、イ・ミニョン(韓)。

前日首位タイの柏原明日架は、4つスコアを落とし、

鈴木愛とともに通算イーブンパー6位タイに並ぶ。

 その他、ユン・チェヨン(韓)、フェービー・ヤオ(台)が

通算1オーバー8位タイ、

申ジエ(韓)、テレサ・ルー(台)、葭葉ルミらが

通算2オーバー10位タイ。

現在賞金ランキング1位のキム・ハヌル(韓)は、

堀琴音、川岸史果、笠りつ子らとともに通算3オーバー17位タイ、

イ・ボミ(韓)は通算5オーバー32位タイとなっている。

Top