東京六大学野球秋季リーグ戦が開幕

 東京六大学野球秋季リーグ戦は

9日、神宮球場で開幕して1回戦2試合が行われ、

春秋連覇を狙う立大が東大を4―1、

明大が早大を3―0でそれぞれ下して先勝した。(時事通信)

 立大は三回に先制すると、

五回以降は2本のソロ本塁打などで小刻みに加点した。

田中誠(2年、大阪桐蔭)が7回1失点。

東大の宮台(4年、湘南)は七回から登板して2回1失点だった。

 明大は一回に3者連続の二塁打で2点を先取。

斉藤(4年、桐蔭学園)が6安打に抑え、

リーグ戦初完投を完封で飾った。

Top