プロ野球

【セ・リーグ】

◆広島岩本V3ラン九里8勝、中日谷元は移籍後初黒星

【写真】サヨナラ中前適時打を放ち、ガッツポーズする鳥谷

<中日5-9広島>◇9日◇ナゴヤドーム

 広島は1回に松山の適時打で先制。2回に1点を追加。

中日は2回、京田の適時二塁打と相手の失策もあり

3点を入れ逆転した。

 広島は5回に松山の適時三塁打で1点を返した。

中日は6回にルーキー京田の適時打で5点目を入れ、

2点差に広げた。

 広島が7回に松山の適時打、岩本の1号3ランで逆転し8連勝。

2番手九里が8勝目。

中日は今季の負け越しが決定。谷元は移籍後初黒星を喫した。

◆阪神鳥谷が延長サヨナラ打、DeNA田中健は2敗目

<阪神2-1DeNA>◇9日◇甲子園

 阪神は1回にDeNA先発石田の適時失策で先制。

先発の小野は最速152キロの真っすぐを武器に

3回まで5つの三振を築く。

 阪神小野は6回まで毎回の9奪三振。

DeNA石田も阪神打線を6回まで2安打に抑え、

両投手一歩も引かない状況が続く。

 DeNAは7回に梶谷の二塁打で同点に追いついた。

両チームともリリーフ陣を投入。そのまま延長戦に突入した。

 阪神、DeNAともに救援陣がともに踏ん張ったが、

延長12回、2死満塁から

鳥谷の中前適時打で阪神がサヨナラ勝ちした。

阪神藤川が3勝目。DeNA田中健は2敗目。

◆ヤクルト山田2発&小川8勝目、巨人畠は2敗目

<巨人0-4ヤクルト>◇9日◇東京ドーム

 3回まで両軍先発投手の投げ合いが続く。

巨人畠が1安打無失点に抑えれば、

ヤクルト小川も2安打無失点と譲らない。

 ヤクルトは6回、1死一、二塁から

山田の22号3ランで先制する。

先発小川は6回まで3安打無失点の好投。3点リードで終盤へ。

 ヤクルトは山田が9回に2打席連続の23号ソロで試合を決めた。

先発小川が7回無失点の好投で8勝目を挙げた。巨人畠は2敗目。

【パ・リーグ】

◆ソフトバンク8連勝&千賀13勝、ロッテ涌井10敗

<ロッテ1-2ソフトバンク>◇9日◇ZOZOマリン

 ソフトバンクは1回、柳田、松田の適時打で2点を先制した。

ロッテは1回、先頭の加藤が初球を安打も、荻野が併殺打で無得点。

 ロッテは5回、先頭の角中が二塁打で出塁。

2死後、8番田村が千賀の変化球を捉えて左前に適時打を放ち、

1点をかえした。

 ソフトバンクは継投策で今季2度目の8連勝。

先発千賀は13勝目を挙げ、勝率1位の権利を得た。

ロッテは打線が奮わず3連敗、先発涌井は10敗目。

◆日本ハム・レアードのソロが決勝弾 西武は2連敗

<西武0-1日本ハム>◇9日◇メットライフドーム

 両軍の先発投手が順調な立ち上がり

。西武多和田は3回まで1安打無失点、

日本ハム加藤も3回まで2安打無失点に抑えた。

 日本ハムは4回にレアードの30号ソロで1点を先制。

西武は3回から6回まで無安打に抑えられ、

1点ビハインドで終盤に入った。

 日本ハムは8回途中から継投で西武の反撃をかわし、

投手戦を制した。

先発加藤は6勝目。増井は21セーブ目。

西武は打線が沈黙し2連敗。多和田は5敗目。

◆オリックス山岡8勝目 楽天本拠10連敗、辛島8敗

<楽天3-5オリックス>◇9日◇Koboパーク宮城

 オリックスは初回に杉本が、プロ初打席でプロ1号。

4本の長短打で4点を先制。

先発は山岡。楽天先発は辛島。

 オリックスは5回に内野ゴロの間に1点を追加。

楽天は6回にアマダー、銀次の適時打で2点を返した。

辛島は5回5失点で降板。

 オリックスが、点の取り合いを制した。

先発山岡が自身4連勝で8勝目、平野が26セーブ目を挙げた。

敗れた楽天は、球団ワーストの本拠地10連敗。

先発辛島は8敗目を喫した。

 

(日刊スポーツ)

Top