PGAチャンピオンズツアーが日本初上陸

 米チャンピオンズツアーのJAL選手権が

8日、千葉県の成田ゴルフ倶楽部を舞台に開幕。

日本で同ツアーの公式大会が開催されるのは今回が初めてで、

多くのレジェンドプレーヤーが来日した。  (ISM)
 
 メジャー通算8勝のトム・ワトソン(米)を筆頭に、

元祖飛ばし屋のジョン・デイリー(米)、

欧州ツアーで8度の賞金王に輝いた

コリン・モンゴメリー(スコットランド)といった

日本でもお馴染みの名選手が出場する。

 また、米13勝のデービッド・トムズ(米)、

日本で11勝を挙げ2004年全英オープンを制したトッド・ハミルトン(米)、

米9勝のジェイ・ハース(米)、米8勝のフレッド・ファンク(米)らも参戦と

非常に豪華なメンバーが揃った。

 日本勢は、ツアー通算48勝の中嶋常幸、

2013年に全米シニアプロ選手権を制した井戸木鴻樹、

倉本昌弘、室田淳、尾崎直道、崎山武志の6選手がエントリーしている。  

 優勝争いも気になるが、

ワトソンの柔らかくテンポの良いスイング、

デイリーの豪快なショットと派手な服装、

モンゴメリーの高いフィニッシュなど見所はたくさんだ。

Top