プロ野球

【セ・リーグ】

◆ヤクルト・ギルメット来日初勝利、DeNA今永7敗

【写真】完封勝ちを決め、笑顔の西武菊池

<DeNA1-11ヤクルト>◇7日◇横浜

 DeNA先発は今永、ヤクルトはギルメット。

ヤクルトは、バレンティンの30号3ランなどで

2回までに5点を奪い、今永をKO。

 ギルメットはボールに角度があり、

DeNA打線はフライアウトを重ねた。

6回まで1安打、無得点と抑え込まれた。

 ヤクルトが連敗を9で止めた。ギルメットは来日初勝利。

DeNAの連勝は3でストップ。

プロ入り最短KOの今永は7敗目を喫した。

◆広島マジック8!首位決戦3連勝 阪神秋山5敗

<広島6-4阪神>◇7日◇マツダスタジアム

 阪神は初回、大山の左翼線適時二塁打と、

中谷の右前への2点適時打で3点を先制。

広島は3回、田中の6号2ランで反撃した。

 阪神は4回、秋山の三ゴロが併殺崩れとなる間に

1点を加えたが、

広島が5回、丸の右前適時打などで4点を奪い逆転した。

 広島がそのまま逃げ切り、阪神3連戦に3連勝。

2番手九里が7勝目を挙げ、優勝マジックを8とした。

中崎は5セーブ。

阪神は秋山が5敗目。

【パ・リーグ】

◆西武菊池完封、トップタイ14勝 ロッテ関谷は4敗

<西武3-0ロッテ>◇7日◇メットライフドーム

 西武は2回に山川の15号ソロで先制。

3回に秋山の23号ソロで加点した。

ロッテは3回まで西武菊池の前に1安打無得点。

 西武は4回1死満塁から栗山の内野ゴロの間に1点を追加。

ロッテは6回までゼロ行進。西武3点リードで終盤に入った。

 西武がリードを守りきり快勝。

先発菊池は9回を投げきり、

ハーラートップタイの14勝目を挙げた。

ロッテ先発の関谷は4敗目。

◆楽天久保3勝 日本ハム有原リーグワースト12敗

<日本ハム4-6楽天>◇7日◇東京ドーム

 楽天は3回に藤田の中前適時打を皮切りに、一挙4点を先制。

日本ハムは3回、太田のプロ1号ソロ、西川の右越え適時打で反撃。

 楽天は4回に2点を加点。先発安楽は3回2失点で降板した。

日本ハムは5回に2点を返した。先発有原は6回途中6失点で降板。

 楽天は継投策で逃げ切り2連勝。久保は3勝目。

日本ハムは追い上げ届かず2連敗。

有原はリーグワースト12敗目を喫した。

 

(日刊スポーツ)

Top