元興寺 世界遺産 花と石仏 後編

今日は元興寺に咲いていた花の紹介です。

このお寺は石仏・墓も多いので、写真の題

材が豊富です。桔梗の花が特にたくさん咲

いていました。

 

最初は桔梗の花です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

咲く寸前の桔梗の花です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桔梗の花がたくさん咲いていました。

 

次は芙蓉の花です。

 

 

 

芙蓉の花と国宝禅室(僧坊)です。
2010年8月に禅室の一部に使用されている木材が、

世界最古の現役木製建築部材であることが年輪から

分かりました。

 

次がスイレンです。

 

 

 

 

 

石仏と睡蓮の花です。

 

次がユリの花です

 

ユリの花と萩の葉です。

 

8月13日のお盆なのに、ハスは咲いていませんでした。

 

ハスの葉です。 今年のハスはいまいちの咲でした。

 

その他の石仏・墓の写真です。

今は休憩所(小子坊)ですが、その前は極楽坊保育園として使われました。

さらにその前は休憩所(小子坊)が庫裏として使われました。

 

現在の元興寺境内です。

 

 

 

 

 

極楽往生を願った人達のレガシーと言えます。

 

明日は元興寺小塔院と奈良市音声館の紹介です。

 

読者募集中ですので、読者登録はここのリンクです。
希望があれば、相互登録します。相互アメンバーも募集中です。
どちらもチェックを外して「読者とわかるように」に設定して登録してください。
読者のブログ村・ブログランキングを出来るだけ押しに行きます。

Ctrlキーを押したままで、ポチしたら画面が飛ばされません。
 
お手数ですが、よろしく。下矢印ダウンぽちっと下矢印ダウン押すだけ
                                              にほんブログ村 歴史ブログへ

 

                                               ブログランキング・にほんブログ村へ

 

                                               にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

 

                                               にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

                                               
                  お願いします。

 

Top