日本文理が逃げ切り勝ち

 「全国高校野球選手権・1回戦、日本文理9-5鳴門渦潮」

(12日、甲子園球場)

 3年ぶり出場の日本文理が2回戦へ進出。

序盤から一発攻勢をみせた。(デイリースポーツ)

【写真】2回には笠原の2ランが飛び出した

 初回1死二塁から、

3番・川村啓真外野手(3年)が左中間への先制2ラン。

二回は川村と4番・松木一真内野手(3年)の連続適時打で加点すると、

さらに6番・笠原遥也内野手(3年)の中越え2ランも飛び出し、

一挙5点を奪った。

 日本文理は7-3での八回に

川村の左中間への適時二塁打などで2点を加え、突き放した。

 9年ぶり出場の鳴門渦潮は三回に反撃。

敵失と内野ゴロの間に2点を返す。

四回にも途中出場の鈴江竜飛投手(2年)の適時三塁打で1点を挙げ、

5点差を追う九回も1点を返したが、後続を断たれた。

Top