比嘉とキム・ハヌルが首位に並ぶ

 国内女子ツアーのNEC軽井沢72ゴルフトーナメントが

12日、長野県の軽井沢72ゴルフ 北コースを舞台に

順延となった第1ラウンドと第2ラウンドの競技を終了。

比嘉真美子とキム・ハヌル(韓)が

通算11アンダーで首位タイに並んだ。(ISM)

 8アンダー単独首位からでた比嘉は、

4バーディ、1ボギーの3アンダー69でホールアウト。

現在賞金ランキングトップのキムは

7バーディ、ノーボギーの7アンダー65を叩き出し、

初日3位タイから首位タイに浮上した。

 通算9アンダー単独3位に辻梨恵、

通算7アンダー単独4位に大山志保、

通算6アンダー5位タイに

昨季覇者の笠りつ子、

藤田さいき、福田裕子、勝みなみ、吉田弓美子が続いている。

 その他、プロ2試合目の小祝さくらが通算5アンダー10位タイ、

イ・ボミ(韓)が通算2アンダーで

横峯さくら、木戸愛、香妻琴乃らと並び31位タイ。

上原彩子、有村智恵、畑岡奈紗、鈴木愛、

前週大会優勝の森田遥、アン・シネ(韓)らは予選落ちを喫した。

Top