秀岳館、横浜を振り切る

 「全国高校野球選手権・1回戦、秀岳館6-4横浜」

(11日、甲子園球場)

 3季連続甲子園4強の秀岳館が13安打を浴びせ、

2年連続出場の横浜を下した。(デイリースポーツ)

【写真】初回には広部が左中間にタイムリー

 秀岳館は

初回先頭の竹輪涼介外野手(3年が)

右翼線への三塁打で出塁すると、

続く2番・半情冬馬内野手(3年)が左犠飛。

試合開始からわずか3球で先制点を挙げた。

さらにクリーンアップが3連打を放ち、この回3点。

三回にも敵失で1点を加えた。

 横浜は五回無死から

ドラフト候補・増田珠外野手(3年)が中前打で出塁。

その後1死三塁から右犠飛で1点を返した。

 秀岳館は七回2死満塁の好機をつくると、

代打・橋口将崇捕手(2年)の右前適時打で2点を挙げた。

 横浜はその裏、2死一、三塁から

6番・福永奨捕手(3年)が左中間への3ランを放ち、

2点差としたが、追撃も及ばなかった。

Top