大阪桐蔭が米子松蔭を圧倒

 「全国高校野球選手権・1回戦、大坂桐蔭8-1米子松蔭」

(11日、甲子園球場)

 史上初の2度目の春夏連覇を目指す大阪桐蔭が、

米子松蔭を投打で圧倒して2回戦へ進出した。

今春センバツ1回戦・宇部鴻城戦から公式戦25連勝となった。

(デイリースポーツ)

【写真】阪神・藤浪、甲子園で母校・大阪桐蔭の初戦を観戦

 初回1死で主将・福井章吾捕手(3年)が

右翼席へ先制ソロを放つと、

二回無死一塁は根尾昂外野手(3年)が

左中間へ適時二塁打を放った。

 先発の徳山壮磨投手(3年)は、

140キロ中盤の直球を主体に五回までに7三振を奪取。

7回2安打1失点(自責点0)で先発の役割を果たした。

Top