世界陸上競技選手権大会2017ロンドン6日目

 陸上の世界選手権第6日は9日、ロンドンで行われ、

男子200メートル準決勝で

18歳5カ月のサニブラウン・ハキーム(東京陸協)が

20秒43(向かい風0.3メートル)で2組2着となり、

10日の決勝に進んだ。

 2005年大会で決勝に進んだ

ウサイン・ボルト(ジャマイカ)の18歳11カ月を更新する

史上最年少記録。

日本勢では03年大会で銅メダルを獲得した末続慎吾以来、

14年ぶりの決勝進出となった。

 飯塚翔太(ミズノ)は1組5着で敗退。

追い風2.1メートルの参考記録で20秒62だった。

 女子400メートル決勝は

フィリス・フランシス(米国)が49秒92で金メダル。

アリソン・フェリックス(米国)が50秒08で銅メダルを手にして

大会通算獲得メダルを14個とし、

ボルト、女子のマーリーン・オッティ(ジャマイカ)に並んで史上最多となった。

(時事通信) 

Top