Sexy Zone・マリウス葉、ジャニーズ最高学歴に!? 「ハーバード大学」サミットに極秘参加

 Sexy Zoneの最年少で、ドイツ人の父、中国と日本のハーフの母を持つマリウス葉。現在17歳の彼は、インターナショナルスクールに通っているとされているが、7月末からアメリカの名門校・ハーバード大学へ赴き、青少年サミットに参加していたことがわかった。現地の写真などから判明し、ファンの間で大きな話題となっている。

 8月6日、あるジャニーズファンのTwitterアカウントが、マリウスが現在「アメリカのハーバード大学にいる」という情報と、何者かのインスタグラムに投稿された、マリウスの姿が写るスクリーンショットをアップ。ハッシュタグには「#harvardyouthsummit2017」「#gcischolars」と付き、写真には「Marius」という文字や、マリウスの作成したと思しきパネルが映っていた。

「NPO法人『Global Citizens Initiative(GCI)』のTwitterやFacebookには、ほかの学生と一緒にマリウスの写真や動画が複数アップされています。GCIのHPによれば、マリウスが参加したと思われるサミットは『GCI奨学生』として世界各地から集められた高校生28人が取り組むものだそうで、今年は7月28日から8月5日まで実施。GCIのTwitterには『HARVARD UNIVERSITY』の文字が見えるTシャツを着たマリウスがスマートフォンを操作するショットも載っています。サミットの終了を報告しているツイートには参加者の集合写真があり、マリウスは2列目の右端で、口元にやや笑みを浮かべて写っていました」(ジャニーズに詳しい記者)

 5日、GCIのFacebookに投稿された「祝賀会ディナー」の動画には、浴衣を着て「祭」と書かれたうちわを持つマリウスの姿も映っている。記念撮影タイムや、個人でスピーチをする場面も収録されており、その堂々としたいでたちからも、現地で充実した日々を過ごせていたことがうかがえる。今月17~20日にはSexy Zoneメンバーの松島聡と『Summer Paradise』の公演を行うが、その前にプライベートで“大仕事”に挑んだのだろう。

 また、マリウスの姉である葉・シュミッヒ・マリレーナ・利花さんは早稲田大学を卒業しているが、2015年の「G20ユースサミット」(Y20)の日本代表団の1人として、トルコで行われた会議に出席したという。昨秋に早稲田ウィークリーのサイト内で伝えられ、Sexy Zoneファンの間でも「マリウスのお姉さんすごい」と、関心を集めていた。

 こうしたマリウスの勇姿を知ったファンからは、「サマパラ前にハーバード大学に行って青少年サミットに参加してるとか、すごすぎる」「ハーバードって次元が違いすぎる」「マリウスかっこよすぎる。浴衣で日本の良さを伝えてたのかな」「マリウスはSexy Zoneの誇り」と、驚きや称賛の声が続出している。

 Sexy Zoneメンバーといえば、中島健人が明治学院大学、菊池風磨は慶應義塾大学を卒業しており、高学歴グループといわれることも少なくない。そのため、マリウスの進路についても「ハーバード大学に進学する気かな?」と、期待と心配がないまぜになった声も聞こえてくる。

「8月2日行われた中島のソロコンサート『Summer Paradise』では、見学に訪れた菊池が他メンバーの見学スケジュールに関して、『マリウスはトイレから出てこない』などと話して笑いを誘っていたそうです。そんな折に、ハーバード大学にいることが明らかになったため、ファンは『マリウスはトイレに行ってて見学に来ない、とか言ってたけど、秘密にしてくれたんだね』『今思うと、風磨くんはマリウスのことを考えて、「マリウスはトイレ」と言ったんだね』と、陰ながらマリウスを応援する年長組に感激していました」(同)

 GCIのHPにはサミットの後、奨学生は8月から4月までの9カ月間に「Glocal Service Projects(GSPs)」を継続していく旨も英文で記載されているが、マリウスが今後どのような活動に参加していくのかは不明だ。本人の口から、詳細が聞ける機会を待ちたい。

 

Top