彦根城の紹介1 歴史とか

今日から国宝彦根城の紹介をします。

 

彦根城の歴史
江戸時代初期、現在の滋賀県彦根市金亀町にある彦根山に、

西国大名への押さえと、関ケ原後の石田三成残党の討伐を担

う、井伊家の拠点として置かれた平山城(標高50m)です。山

は「金亀山(こんきやま)」との異名を持つため、城は金亀城

(こんきじょう)とも言います。譜代大名で最大の石高30万石

+備蓄米5万石で35万石の大名でした。この石高は毛利家

にも匹敵します。天守が国宝指定された五城の一つに数えら

れます。


玄宮園から見た彦根城天守です。この時は青空が見えました。(内部の紹介は後日します)

水面に天守が映りましたが、さざ波がありボケています。

 

彦根城中心部の観光マップです。

 

江戸時代

徳川四天王の一人であった、井伊直政は1600年(慶長5年)

関ヶ原の戦いで、その軍功により18万石で近江国北東部に封

ぜられ、西軍まとめ役の石田三成の居城であった佐和山城に

入城します。佐和山城は石田三成が改築した後は「三成に過

ぎたるものが二つあり、島の左近に佐和山の城」ともいわれま

したが、直政は中世的な古い縄張りや、三成の居城であった

ことを嫌い、湖岸に近い磯山(現在の米原市磯)に居城を移す

ことを計画しました。関ヶ原の戦いで島津隊から受けた鉄砲傷

が癒えず、直政は1602年に死去します。その後直継が家督

を継ぎますが、幼少であったため、直政の遺臣である家老の

木俣守勝が、徳川家康と相談して、1603年に琵琶湖に浮か

ぶ金亀山に彦根城の築城を開始します。

 

築城前の彦根の古地図です。藩独自の土木工事は芹川を (滋賀大学資料より引用)

付け替えるために、運河を掘ったことと惣構を造ったことです。

 

築城には公儀御奉行3名が付けられ、尾張藩や越前藩など

7か国12大名が手伝いを命じられる天下普請でした。

1606年2期までの工事が完了し、同年の天守完成と同じ頃

に直継が入城します。1616年に彦根藩のみの手により第3

期工事が開始されます。この時に御殿が建造され惣構も完成

し、1622年すべての工事が完了して彦根城が完成しました。

 

完成した彦根城の古地図です。(滋賀大学資料より引用)

 

重臣は内堀の中、高級武士は外堀の中、中級武士(50石から1000石)

は惣構の中に住んでいます。また、惣構の外側(下側と右側)に足軽屋敷

を造りました。そこは彦根城を守る最前線でした。彦根藩の足軽は1606

年に、中藪組6組と善利組12組が設置されたのを皮切りに、1617年の

加増に伴う足軽増員により善利組8組を設置。同様に1629年の足軽増

員では切通組・大雲寺組・中組がそれぞれ設置されます。このように彦根

藩の足軽組屋敷は総体として江戸時代の早い段階に整えられました。中

でも善利組の規模は大きく、その屋敷地は第4郭の南、惣構と善利川の間

の東西約750m、南北約300mを占めました。

足軽屋敷は濃い色に塗っています。

 

彦根藩は足軽1120人を、鉄砲を扱う鉄砲組と弓を扱う弓組に分け、

さらに鉄砲50人を1組、同40人を5組、同30人を25組、弓20人組

を6組の合計37組に編成しました。この足軽組の上司が1000石~

300石取の「物頭」でした。彼らは臨戦時には「足軽大将」として足軽

組員を従えました。平時でも足軽を束ねる手代を介して、訓練・組織

化して実践に備えました。

 

合計1120人の足軽隊です。

 

 

足軽屋敷は幕末期に戸数およそ700軒ありました。間口5間(約9m)、

奥行10間(約18m)ほどの敷地(面積約160㎡:約50坪)に、木戸門

と塀に囲まれた、武家屋敷の体裁を整えた建物が軒を並べ、1間半(約

2.7m)の狭い道筋に続いています。建物内は土間をへて玄関・台所・

納戸・座敷の4部屋が「田」の字形に連なり、8畳の座敷には床 があり

庭を望むことができました。藩によっては「足軽長屋」しかない藩が多

いのに、彦根藩の足軽屋敷は庭付きの一戸建てでした。今日でも数

が減りましたが、1間半の狭い道筋に一部の屋敷が残っています。

 

彦根城完成当時の惣掘りと東北側の湖を水色で塗りました。(ユーチュブより引用)

 

その後、井伊家は参勤交代せずに、江戸で幕政に参加して、

その功労で加増を重ねました。
1633年には徳川幕府下の譜代大名の中では最高となる

35万石になります。なお、筆頭家老の木俣家は1万石を領し

ているが、陣屋を持たなかったため、月間20日を西の丸三

重櫓で執務を行っていました。

 

修復された西の丸三重櫓です。(内部の紹介は後日します)

 

1854年に天秤櫓の大修理が行われ、その際、石垣の半分

が積み直された。向かって右手が築城当初からの「牛蒡積み」、

左手が新たに積み直された「落し積み」の石垣です。


天秤櫓です。左右で石垣の色と積み方が違います。(内部の紹介は後日します)

 

幕末には幕府の大老を務めた井伊直弼が、藩主となるまでを

この城下で過ごしています。直弼が青春時代を過ごした屋敷

は「埋木舎(うもれぎのや)」として現存しています。井伊直弼

は天皇や幕府方針・諸藩の意見を無視して、開国したことで、

当時の薩長や水戸などの諸藩の方針の先を行っていたと思

います。後に薩長が実際に外国船と戦い、打ち払うのは無理

と分かったことは歴史の事実です。また彼が水戸浪士に暗殺

されたことで、徳川幕府の権威が落ちて、明治維新をむかえる

けん引役も果たしました。この埋木舎は学問にはげみ教養を

身につけた場所です。

 

埋木舎の門です。(内部の紹介は後日します)


明治時代
明治に入り各地の城が廃城令で破壊・売却されていく中、

彦根城も例外ではなかった。しかし、明治11年に明治天皇

が巡幸で彦根を通過した際に、城の保存を命じたため破却

は逃れたそうです。その際、巡幸に随行していた大隈重信

が城の破却中止を天皇に奉上したという説と、天皇の従妹

にあたるかね子(住持攝専夫人)が奉上したという説があり

ます。とにかく破却を免れて本当に良かったです。

 

 

ゆるキャラのひこにゃんが再建御殿にいました。(内部は後日紹介)

 

               (現地パンフレット・滋賀大学資料・ウイッキペディアなどより引用)

 

今日はここまでです。明日に続きます。

 

読者募集中ですので、読者登録はここのリンクです。
希望があれば、相互登録します。相互アメンバーも募集中です。
どちらもチェックを外して「読者とわかるように」に設定して登録してください。
読者のブログ村・ブログランキングを出来るだけ押しに行きます。
Ctrlキーを押したままで、ポチしたら画面が飛ばされません。
 
お手数ですが、よろしく。下矢印ダウンぽちっと下矢印ダウン押すだけ
                                                            

                                                       にほんブログ村 歴史ブログへ

 

                             ブログランキング・にほんブログ村へ                           

                                                  
                                  にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
 
                              にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
 
                                                                                                          お願いします。

 

Top