開幕試合からサヨナラゲーム! 彦根東が逆転勝ち

 <全国高校野球選手権:彦根東6-5波佐見>◇8日◇1回戦

 夏の甲子園の開幕戦、県立校対決は

滋賀県代表の彦根東がサヨナラで制した。(日刊スポーツ)

【トーナメント表】第4日はまるで準々決勝、夏の甲子園組み合わせ表

 彦根東・増居、長崎代表の波佐見・隅田と両左腕が先発した。

 16年ぶり3度目出場の波佐見が先制。

2回表、先頭の4番内野が右中間に大会1号本塁打を放った。

 彦根東はその裏に反撃。

1死満塁から9番太田の右翼への犠飛で1-1。

 同点となった3回表。

波佐見は1番村川の二塁打で勝ち越しと、

序盤から激しい主導権の奪い合いになった。

 彦根東は3回裏2死から敵失でつかんだ一、三塁の好機で

6番吉本が左翼席へ3ランを放ち、4-2と逆転。

春の近畿大会4強の勝負強さを見せた。

 波佐見も粘る。6回表、6番浜田の左前打で1点差に。

続く7回には2死満塁で内野が一、二塁間を破り、2者が生還。

5-4と再逆転した。

 しかし、彦根東は9回に連打で同点に追いついた。

さらに2死一、二塁で4番岩本が右前打を放ちサヨナラ勝利した。

4年ぶり2度目の出場の彦根東は甲子園初勝利で、

滋賀県勢の甲子園初戦突破は3年ぶりとなった。

Top