広島にM33点灯

【セ・リーグ】

◆巨人快勝、マイコラスが10勝目 阪神岩貞が大乱調

【写真】阪神岩貞大炎上1イニング5四球、4回6失点で降板

<巨人6-1阪神>◇8日◇東京ドーム

 巨人は1回1死一、二塁で阿部が先制適時打。

2回には石川が5号ソロ。

3回には石川とマイコラスの適時打などで4点を加えた。

 巨人先発のマイコラスは6回まで3安打無失点と好投。

阪神先発の岩貞は、4回7安打6失点でKOされた。

 巨人が快勝した。

阿部が2安打を放ち、2000安打に残り4とした。

先発マイコラスは10勝目。

阪神は連勝が3でストップ、先発岩貞が9敗目。

◆ヤクルト・バレ満塁弾で空中戦制す DeNA3連敗

<ヤクルト8-5DeNA>◇8日◇神宮

 2点をリードされたヤクルトだが、

3回1死満塁からバレンティンの本塁打で逆転。

三邪飛を失策した直後の1発だった。

 中盤に入り、ヤクルトは山田の2ランで追加点。

しかし、DeNAも

戸柱の2ランと梶谷の連続アーチで1点差に詰め寄った。

 ヤクルトは8回、リベロの3号2ランでリードを広げ逃げ切り、

連敗を3で止めた。

DeNAは3連敗となった。

ヤクルト山中2勝目、DeNA久保は2敗目。

◆広島に優勝マジック33点灯 中日と引き分け

<中日1-1広島>◇8日◇ナゴヤドーム

 中日は2回に連打でチャンスを作り、

松井雅の内野ゴロの間に1点を先制した。

先発の鈴木は快調な立ち上がりを見せた。

 広島野村はピンチの連続だった序盤を

最少失点でしのぐと立ち直った。

鈴木は6回まで無安打投球を続けた。

 広島は7回1死から菊池が中前にチーム初安打。

丸も続いてチャンスを広げ、鈴木が同点の左前打。

1-1で延長戦に入った。

 延長戦でも両軍決め手を欠き、

得点できないまま引き分けで終わった。

広島に優勝へのマジック33が点灯した。

【パ・リーグ】

◆ロッテ打線爆発17点 ソフトバンク石川8失点4敗

<ロッテ17-8ソフトバンク>◇8日◇ZOZOマリン

 ロッテは2回、田村の適時二塁打で1点を先制した。

3回には角中と根元の適時打で2点を追加した。

ロッテ先発石川は3回まで無失点。

 ロッテは4回、荻野の3ランなど打者11人で5点追加。

2点を返された直後の6回には、

サントスの二塁打などで3点を加えた。

 ロッテは7回に6点を失ったが、終盤も加点し打ち勝った。2連勝。

石川は7回途中7失点も3勝目。

ソフトバンクは2連敗。石川は4敗目。

◆オリックス3連勝 金子9勝目、西武十亀は5敗目

<オリックス12-6西武>◇8日◇京セラドーム大阪

 オリックスが初回、T-岡田の22号ソロで先制。

2回にも安達の適時三塁打で2点を追加。

3-1の3回は中島が2点打を放った。

 西武が4回、3点を返すも、オリックスはその裏に4点を追加。

5回に吉田正が6号2ランを放った。

西武は6回に1点を返した。

 オリックスは7回、

吉田正が2打席連続の7号ソロを放ち、12点目のダメ押し。

西武戦の連敗を3で止め、3連勝を飾った。

オリックス金子は9勝目。西武十亀は5敗目。

※楽天-日本ハムは降雨中止。

 

(日刊スポーツ)

Top