タツゴウゲキ 思わぬ乗り替わり乗り越え、重賞初勝利

 6日、小倉競馬場で行われた小倉記念(3歳上・GIII・芝2000m)は、

好位でレースを進めた

秋山真一郎騎手騎乗の4番人気

タツゴウゲキ(牡5、栗東・鮫島一歩厩舎)が、

直線で内を突いて脚を伸ばし、

中団から上がってきた2番人気

サンマルティン(セ5、美浦・国枝栄厩舎)とゴールまで競り合い、

これをわずかに制して優勝した。勝ちタイムは1分57秒6(良)。

(netkeiba)

 ハナ差2着となったサンマルティンから3馬身差の3着には、

6番人気フェルメッツァ(牡6、栗東・松永幹夫厩舎)が入った。

なお、1番人気ストロングタイタン(牡4、栗東・池江泰寿厩舎)は8着、

3番人気バンドワゴン(牡6、栗東・石坂正厩舎)は11着に終わった。

 勝ったタツゴウゲキは、

父マーベラスサンデー、母ニシノプルメリア、その父Singspielという血統。

M.デムーロ騎手の落馬負傷で急遽乗り替わりとなった秋山真一郎騎手に導かれ、

初めての重賞制覇を果たした。

Top