3歳ダート勢に思わぬ伏兵 木幡巧也騎手は重賞初勝利

 6日、新潟競馬場で行われたレパードS(3歳・GIII・ダ1800m)は、

先団の後ろでレースを進めた

木幡巧也騎手騎乗の11番人気

ローズプリンスダム(牡3、美浦・畠山吉宏厩舎)が、

直線で内から外に持ち出して一気に突き抜け、

逃げ粘った12番人気サルサディオーネ(牝3、栗東・羽月友彦厩舎)に

1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分52秒9(良)。(netkeiba)

 さらに3/4馬身差の3着に

1番人気エピカリス(牡3、美浦・萩原清厩舎)が入った。

なお、3番人気テンザワールド(牡3、栗東・大久保龍志厩舎)は7着、

2番人気タガノディグオ(牡3、栗東・宮徹厩舎)は12着に終わった。

 勝ったローズプリンスダムは、

父ロージズインメイ、母クリスチャンパール、

その父シンボリクリスエスという血統で、これが重賞初制覇。

鞍上の木幡巧也騎手にとっても、初めてのJRA重賞勝利となった。

Top