勝龍寺城 その4

勝龍寺城の続きです。

IMG_0019.JPG

勝龍寺城の外郭の堀と土塁です。

整備されてよく残っています。

IMG_0017.JPG

土塁の断面です。

土塁の版築状況がモザイクで表現されています。

なかなか面白い企画です。

IMG_0018.JPG

土塁は上幅3.4m、底幅7.5m、高さ6mでした。

IMG_0021.JPG

横矢掛かりです。

土塁の上から土橋に攻撃できます。

IMG_0027.JPG

横矢を反対側から見た図。

IMG_0031.JPG

近くにある神足神社です。

IMG_0033.JPG

説明です。

外郭の土塁は本丸からは少し離れています。

IMG_0034.JPG

勝龍寺城の図です。

この付近は神足屋敷と呼ばれていました。

勝龍寺城は、本丸を中心として沼田丸、沼田屋敷、松井屋敷、米田屋敷、中村屋敷と呼ばれる家臣の屋敷が周囲にありました。

近世城郭のように急進的な縄張りではなく、本丸を中心に複数の曲輪が並列的に並びます。

しかし、本丸は規模が大きく、土塁も高く、石垣や矢倉により差別化を図っています。

(終わり)
Top