怒り

最近は、あまりEXのナルに対してイラつくことはなくなり、ようやくここに来て私も完全回復か?と思っていたのですが、やっぱりそこはナル。油断すると攻撃はやってきます。


今年になって攻撃がなかったのは、私が関わることがなくなったから。長男は自分で運転してどこにでも行きますし、次男は完全に父親の家にいきません。だから養育費ももう私は払っていない。だって、初めの数年はちゃんと払っていたんだし、いまや 子供の費用は100%私持ちなんだからということを説明して、毎月子供にかかっている費用の詳細を渡しているので、言うこともなくなったんだと思います。


もちろん、お金以外のところで折れるところは折れています。そうやって譲ることをしながらいけば、平和で保てます。その譲ったことのひとつが、次男との旅行。ナル一家は大家族なので、州外に兄弟がちらばっています。兄弟の家には従妹がいますから、子供も楽しい。だから夏の間、何度か行かせました。その点は私に文句は全くありません。
ところが、ナル調子に乗ったのか、今度、9月のレーバーデーにまた行くので、飛行機代を負担してくれと言ってきました。

こういうことを言うこと自体が、普通の人の想像を超えます。さすがのナルシストです。どう考えても、私に支払う義務も責任もありません。州外に連れていきたいのはナルの都合です。なんで私がこれを支払わなくてはいけないのか?普通に考えればおかしい。だったら、私が数年ずっと行きたいと思いながら行っていない日本里帰りもナルが出すのか?と言いたくなりました。なので当然断りました。

でもそこで黙らないのがナル。今度は次男に、飛行機代がないから、貯金から出せ。と言ってきました。

次男、12歳です。貯金って、なけなしのお小遣いをせっせと貯めているのであり、こうした旅行に行くためのものではありません。どう考えてもおかしい。

案の定、次男落ち込んでいますし、それを聞いた長男も怒り心頭。私も心休まず。

ナルは、自分は特別。何もかも自分中心ということに改めて気が付かされました。

来年からは長男の大学もあるのです。
ナルが払うとはこれっぽっちも思っていませんが、どういう形で持っていくかは今から結構悩み中です。ナルと完全に縁が切れる日はまだ先です。

でも、過去を振り返れば、毎月、毎月養育費のことで催促、文句、子供が私とばかり時間を過ごすことで文句。とにかく毎日のようにテキストの嵐だったころに比べれば本当に落ち着いています。子供はすぐ成長するんだし、ナルとは期限つきのお付き合いと思い、あと少し、がんばっていきます。

Top