欧州サッカーニュース(7/31)(ISM)

 レアル・マドリー(スペイン)FWクリスティアーノ・ロナウドが

現地時間31日、脱税容疑でスペインの裁判所に出廷。

一貫して潔白を主張した。同日に英『スカイスポーツ』が報じた。

 2011年から14年にわたり、

1470万ユーロ(約19億2000万円)を脱税した容疑をかけられている

C・ロナウド。

検察は同選手がバージン諸島のペーパーカンパニーを利用し、

肖像権収入を隠したと主張している。

 裁判に召喚されたC・ロナウドは、

1時間半以上にわたって審理に応じた。

報道陣にはコメントしなかったが、

声明で「何も隠していないし、脱税しようとしたことはない」

と無罪を主張している。

 C・ロナウドは

「スペイン税務局は自分の肖像権収入について

すべての詳細を知っている。我々が報告してきたからだ」

「自分は常にきちんと申告してきた。

すべてを申告して納税しなければいけないと思っているからだ」と、

やましいことはないと強調した。

 また「自分のことを知っている人は、

コンサルタントにすべてのことを適切に処理するように伝えてある。

トラブルになることを望んでいないからだ」と、

納税に関して細心の注意を払ってきたとも訴えている。

 さらに、C・ロナウドは

「レアルと契約したときに、

肖像権管理のための特別なビジネス構造をつくっていない。

イングランド時代と同じだ」

「イギリスの税務当局から合法と認められている」と、

マンチェスターU(イングランド)でプレーしていたころから

収入の管理の仕方を変えていないと述べた。

Top