仮面ライダーエグゼイド 第41話 感想

仮面ライダーエグゼイド 第41話 「Resetされたゲーム!」

リセットが発動しハイパームテキガシャットが完成される前まで時間が戻ってしまった。
奪われたゲーマドライバーが手元に戻ってきたり、プロトガシャットが正宗の元に戻ったり
ニコのゲーム病が治ったりと様々な出来事が戻される。
そこまで時間が戻ったって事は小姫のデータ消滅もなかった事になってたりする?

ムテキの力を失った状態でクロノスに対抗できる手段はゲムデウスウイルスを持つグラファイトだけ
一緒に戦ってほしいと交渉するが拒否するグラファイト。
黎斗は永夢のイメージを元にハイパームテキガシャットを新たに生み出そうとする。
一度作ったモノなんだからそりゃ作れるよねw
ただ、全く同じのを作ってもリセットの餌食になるのでさらに手を加える事に。
生みの苦しみなのか何度もゲームオーバーになる黎斗...ある意味過労死...。
個人的にはこのシーン、命を軽く感じさせるような演出であんまり好きじゃないな。

ブレイブ(飛彩)スナイプ(大我)VSグラファイト。ついに因縁に決着をつける日がきたんですね...
戦いはブレイブ&スナイプの勝利だが、ここで乱入してきたのがクロノス
仮面ライダークロニクルを終わらせまいとグラファイトを助けに来た。
しかしグラファイトは助けに来たクロノスを攻撃!
純粋に戦いことに喜びを感じていたグラファイトはその行為を無粋と判断した。
自らの負けを潔く認め消滅していった。最後はパラドやポッピー、飛彩や大我に言葉を贈る。
ポーズ中で本人達には聞こえてなかったかもしれないが視聴者にはしっかり届いたよ...。

最後まで武人として散っていったグラファイト
序盤で一時退場した時は個人的にあまり思い入れを持てないまま退場しちゃったんですが
再登場してからは存在感を発揮しまくりで最後までブレる事なく己の信念を貫きましたね。

ガシャットロフィーが全て揃いゲムデウスを呼び出そうとするがここでクロノスがリセットを発動!
再び時間が戻ってしまうのか!と思いきやリセットさせず。
その理由は黎斗が新たに生み出したハイパームテキガシャットに新機能としてセーブ機能を追加。
これによりクロノスのリセットを無効化する事に成功!
先週の感想で「何でもありかよ!」って書いたのにまさか翌週攻略されちゃっうとは...(笑)
でも、セーブデータは強い衝撃を与えると消えちゃうんで注意しましょう(ファミコン世代w)

ついにゲムデウス登場か...次回作のライダーも発表され
エグゼイドがもうすぐ終わっちゃうのを嫌でも実感しちゃうね...


DXマキシマムマイティXガシャット(別売)と合体してDXゲーマドライバー(別売)にセット!仮面ライダーエグゼイド ムテキゲーマーに変身!!仮面ライダーエグゼイド DXガシャットシリーズ ★DXハイパームテキガシャット F
DXマキシマムマイティXガシャット(別売)と合体してDXゲーマドライバー(別売)にセット!仮面ライダーエグゼイド ムテキゲーマーに変身!!仮面ライダーエグゼイド DXガシャットシリーズ ★DXハイパームテキガシャット F

ランキングに参加しています。
クリックしていただけるとありがたいです↓
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ

Top